事務員ブログ

clerk-blog

【遺産相続】相談する専門家の選び方 弁護士か税理士か

平素より大変お世話になっております。

大洋総合法律事務所の事務員のHです。

遺産相続について相談したいと思ったときに、どこに相談に行ったらよいか悩みますよね。

そのなかでも、専門家に相談するのがお勧めですという記事をまとめましたので、ご覧いただければ幸いです。

遺産相続を専門家に相談する必要性とは?

スピーディーに対処ができます

遺産相続をするか、それとも放棄するか、を決める期限があることをご存知ですか?

3か月という期限があるのですが、ご存じでしたか?

家族が亡くなって、慌てていると期限を過ぎて、仮に相続を放棄したいと思っても、大変ハードルが高くなることがあります。

相続の開始があったことを知った時から3か月以内に、相続するか放棄するかを決めて、家庭裁判所で手続きをしなければなりません。

参考:相続に関する審判(裁判所)

3カ月って結構余裕があるかなと思うかもしれませんが、

相続人を把握したり、残された遺産などの現状を把握したりとやらなくてはならないことはたくさんあるなかで、 故人に対しての想いや、気持ちが落ち込んでいたりでなかなか動けなかったりすると、3カ月はあっという間に過ぎてしまいます。

そんな時、専門家に相談することによって、スピード感をもって動くことが可能になります。

なお、相続を放棄するか否かを決める3カ月は、事情によっては、延長してもらうこともできますが、これも、家庭裁判所に手続きしておく必要があります。

また、放棄する予定でも、これはやった人は放棄できなくなるという禁止事項(単純承認事由)のようなものも法律には定められているようです。うちの弁護士は、相続を放棄する可能性があるなら、遺産には手を付けるな、と言っています。

遺産相続で、借金を相続してしまうのを避ける

遺産相続というと、土地がもらえる・お金が貰えるというイメージが多いと思います。

しかし、故人が借金を残していた場合、その借金も遺産として相続の対象となるのです。

故人が中小企業を経営されていたりすると、仕事上、入ってくるお金もあれば、金融機関から借り入れをしているケースもあります。普通の人でも、消費者金融でお金を借りていることもありますよね。

借金があるケースでは、「借金が総額でいくらあるかわからない」「本当にこれだけなのか、不安がある」という心境になって、相続をするか、放棄するか、悩んでしまうといった相談事例が多く寄せられています。

もちろん、遺産として土地や自宅や現金など資産となるものが十分残されていればよいのですが、下手すると、プラスマイナスすると、借金だけ残ることだってあり得るのです。

そういった場合は相続放棄した方が良いケースもあり、相続すべきか放棄すべきかなども、専門家のアドバイスを受けることで、より良い選択をすることが可能になります。

相続人同士のトラブルを未然に防ぐことにつながる

仲の良い兄弟だから・・と思っていても、お互いがお互いに認識していることに違いがあることで、自分の貰える分が少ないと思って、トラブルにつながるケースは多くあります。

よろしければこちらの記事もご参照ください↓↓

【遺産相続】事務員が見た、相続の話

このような、相続人同士のトラブルはできる限り避けたい方は、専門家に相談した方が良いのではないでしょうか。

税理士や弁護士など、相談する専門家はどう選ぶか?

専門家に相談した方がいいといわれても、どの専門家に相談するか、悩まれるかと思いますが、遺産相続の際に力を発揮する専門家として、税理士と弁護士についてそれぞれ書いてみたいと思います。

税理士に依頼するメリット

まず、遺産相続するにあたり、相続する金額によっては相続税がかかってきます。

相続税の基礎控除以上の遺産がある場合にのみ発生します。

『うちはそんなにお金持ちじゃないから、相続税なんて対象外でしょ』と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、 現金以外にも、土地や建物や有価証券などがある場合などありますので、注意が必要です。

もし、郊外で土地や山などをお持ちの場合など、現金以外に評価額としてあるものも一緒に合計すると、相続税がかかる対象になるケースだってあります。

対象となるかどうかの額については、国税庁のホームページもご参考ください。

税金の専門家である税理士に相談することで、相続税についてどのようにしたら節税できるかなど、税金の面でのアドバイスが得られることが期待できます。

また、申告書の作成と申告代行をしてもらえるので、万が一税務調査が入った場合にも、立ち会って貰うことができます。

弁護士に依頼するメリット

弁護士は法律の専門家なので、遺産相続全般の法的な面でのサポートができます。相続税の申告が必要な方には、当事務所では、税理士さんにお願いをするようにアドバイスしています。餅は餅屋、という考えを当事務所では採用しているからです。税理士に知り合いがいない場合、ご紹介させて頂いております。

相続人の調査をはじめ、普通の人には慣れない手続きでも、遺産相続の経験豊富な弁護士にとっては慣れていることなので、スムーズに手続きできます。

負の遺産があった場合に相続すべきか放棄すべきかなども、弁護士なら、事業の状況や様々な法律的な観点からも助言をすることが可能です。

また、親族間でのトラブル回避や解決などが期待できます。

なぜなら、弁護士として多くの遺産相続の案件の経験があると、同じようにつまずくポイントなどもわかっているからです。

相続でもめてしまうケースには、感情論で大ごとに発展してしまうケースがとても多いので、大きくこじれてしまう前に相談されることが大変重要になってきます。

万が一トラブルになった際に、代理交渉といって依頼者の代わりに交渉ができるのは弁護士のみになりますので、 安心して任せることができます。

【まとめ】遺産相続の経験豊富な 税理士、弁護士に相談するのがお勧めです

税務の専門家または法律の専門家といえど、その職務の範囲はとても広いので、遺産相続についての経験値というのもそれぞれ差があります。

遺産相続においても、トラブルをさけるためには、遺産相続の経験が多い専門家に相談されるのがお勧めです。

また、専門家というと、税理士や弁護士どちらに相談しようかお悩みの方もいらっしゃると思いますが、専門家同士でも連携しています。

大洋総合法律事務所においては、弁護士が遺産相続の分野で多数の経験があることはもちろん、相続税が発生し手続きが必要になった場合などには税理士をご紹介することや、登記を変更する際には司法書士をご紹介することも可能です。

四日市・三重県北勢部の遺産相続のご相談は、大洋総合法律事務所へどうぞお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

月別一覧

まずはお気軽にご相談ください

営業時間外にいただいたお問い合わせのご返信にはお時間をいただく場合があります。
なお、当事務所ではアポ無し来所に関しては一切お受けしておりません。

お電話でのお問い合わせ

059-328-5183 タップして電話する

受付時間:9:30 - 17:30(平日)

メールでのお問い合わせ

ご相談フォーム

365日24時間受付

LINEでのお問い合わせ

LINE Official Account

365日24時間受付