事務員ブログ

clerk-blog

年の瀬が近づくとハラハラする刑事事件

平素より大変お世話になっております。

三重県四日市市で弁護士をお探しなら大洋総合法律事務所へ!

事務員のHです。

最近はかなり寒いですね。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

この時期になると毎年感じるのですが、思わぬ事件に巻き込まれることの多さです。

当事務所は交通事故・遺産相続・企業法務を得意分野として多くの案件を担当させて頂いておりますが、刑事弁護のご依頼もあります。少し前までは、結構な件数の刑事弁護の案件を常に抱えていました。今は、事情により以前よりは少なくなっています。

現在、刑事弁護の依頼を受ける場合、ほとんどが誰かの紹介(家族や知人経由)ですが、弁護士会の分担で、『当番弁護士』と言って、弁護士が1回無料で逮捕された人に面会に行く制度があり、これがきっかけとなってご依頼を受けることもあります。

警察に捕まった人は、逮捕された日は、家族とも友人とも面会ができない状態になりますが、弁護士であれば面会できるので、できるだけ早く面会に行き、逮捕された人の疑問に答え、今後の手続の流れや保障されている権利について説明をしに行くことを目的とした制度です。

その後は逮捕された被疑者の方のご希望があって受け入れ可能であれば、私選弁護として受任します。

(私選弁護人に頼まない場合、勾留されると、多くの事案で、国選弁護人がつきます)

それで、この時期、この寒い時期に、当事務所では、刑事弁護を引き受けてきた印象がとてもあります。

事件はご本人が出来心でやってしまったものもあれば、本当に身に覚えがないのに逮捕されたものなど、さまざまですが、どんな理由であれ一旦逮捕されてしまうと、その後、勾留と言って、逮捕の延長みたいな形になり、20日間近く身柄拘束が延長されてしまうことがほとんどです。

そうなると、年末年始も警察の留置施設で過ごさなくてはならず、何とか早く釈放できないかと、事務員もハラハラしながら仕事をする年末のイメージがあります。準抗告申立書を裁判所に提出しに行ったり、年末の12月の最後の方に勾留の満期日が来て、起訴される場合は、起訴されたその日に、保釈請求をして、なんとか、年末年始は家に帰らせてもらえるように手続きを取った年の瀬が何度もありました。

今年は何事もなく、穏やかな年末を迎えられるといいなぁと密かに祈っている事務員です。

もし何かが起きてしまったら、1番は初動にどう動くかが大変重要になってきているようです。

刑事事件に限らず、問題というのは、起こってしまったらすぐに適切に動くことが大切です!

もっと良いのは、起こる前に、怪しい時に、専門家に早めに相談することです。

当事務所は初回相談でその後の方針や見通しをご説明しております。

ご相談予約はお気軽にご連絡くださいませ。

一覧に戻る

月別一覧

まずはお気軽にご相談ください

営業時間外にいただいたお問い合わせのご返信にはお時間をいただく場合があります。
なお、当事務所ではアポ無し来所に関しては一切お受けしておりません。

お電話でのお問い合わせ

059-328-5183 タップして電話する

受付時間:9:30 - 17:30(平日)

メールでのお問い合わせ

ご相談フォーム

365日24時間受付

LINEでのお問い合わせ

LINE Official Account

365日24時間受付